集中豪雨の恐ろしさ

 近年では、集中豪雨、ゲリラ豪雨と呼ばれる局地的に激しい雨が降る現象が増えています。時には1時間に100mmという未曽有の豪雨をまねくこともあり、バケツをひっくり返すといった表現では足りないような豪雨が起こっています。
 ひとたび豪雨となれば、一瞬のうちに河川は増水をおこし、道路が川のように変貌します。田畑は湖のようになり、ひどい時には床下、床上浸水をおこして人々の生活に重大な被害を及ぼします。さらに交通機関にも乱れが起きたり、ライフラインにも影響を与えるなど、その被害は多岐にわたると言えるでしょう。


激化する豪雨

 浸水をおこす背景には、既存の下水システムが耐えられなくなっているという現状があります。戦後から続く経済発展とともに日本は住みやすくなったものの、環境の変化が激しい昨今、その変化に対応できなくなったのです。
 統計を見れば、明らかに集中豪雨の回数、激しさともに増加する傾向を示しており、今後の対策がより重要となっていると言えるでしょう。


レンタルオフィスと花ギフト

  • 詳しい検索googleはここ

広告スペース


yz[y[W쐬uz | {EEDVDEAjEƓdEQ[ | WebRTeBOT[rX
ƊENOP̃Cu`bg | łŊwׂIb`ciiu | 20GB ̃ICXg[W
򑐂̎iI y򑐃K[fuz | ŐVj[X | Web | hC | HPXy[X